無意識に風俗に辿り着いた

あんまり困っていないんですが

セフレも恋人もいますけど、それでも風俗が好きです。むしろ一番満足するのは風俗かもしれません。恋人とセフレもありがたい存在だと思いますし、楽しませてもらっているのも事実ではあるんですけど、性的な意味で一番素の分を見せられるのはやっぱり風俗なんですよ。なぜなら風俗は一期一会じゃないですか。その後のことをあれこれ考える必要がないんです。これがとても大切というか、後先のことを考える必要がない分、自分がどう思われても別に困らないんですよ(笑)それこそ、自分の好きなように楽しめます。セフレにせよ恋人にせよ、関係はそのあとも続くんです。だからある程度我慢したり妥協したりが必要になるじゃないですか。おかしなプレイをしたり、自分の本能に忠実なプレイをしたら、それはそれで大変なことになっちゃうというか、関係がその場で終了してしまうかもしれませんので、ある程度はセーブしないとなって気持ちがあるんですよね。でも風俗ではそれがないんです。

無意識。それくらいで十分でしょう

風俗で誰を指名するのか。あるいはフリーにするのか。この判断はプレイそのものを左右するものなだけに、真剣に選ばなければならないものだと思うんですけど、自分の場合、そこまでこだわりは持たないですね。無意識というかフィーリングというか、あんまり細かいことにこだわると、だれも残らないんじゃないかなって思うんですよね。ある程度の妥協というと変ですけど、理想に近い女の子はいると思うんですけど、理想そのものの風俗嬢ってめったにいないとおもうんですよね。だから良いなって思う子がいたら、その子にしちゃえば良いんじゃないですかね。あれこれ考えると、結局結論が出ないんじゃないかなって思いますし(笑)それに、風俗嬢って自分でどんな女の子を選ぶのかによってプレイが決まりますけど、基本的に女の子はこちらを楽しませようっていうスタンスなので、どんな女の子を選んでもある程度の満足感は保証されていると言えるんじゃないですかね。