無意識に風俗に辿り着いた

マゾが大好きなんです

攻めるのが好きだからと言うのもありますけど、風俗はマゾが大好きなので、ちゃんとお店のホームページを見て、マゾの風俗嬢を指名するようにしています。マゾの方が自分との相性がぴったりなのは言うまでもありませんけど、マゾの風俗嬢は役割を理解しているなとも感じるんですよね。余計なことをするのではなんく、マゾとしての役割だけを全うするというか(笑)だからこちらも余計なことを考えるのではなく攻めることだけに集中出来るんですよ。だから風俗ではマゾを指名して、がっつりと楽しむようにしているんですけど、それはそれでとっても楽しいんですよね(笑)むしろそうしてマゾとの時間を楽しむことこそが、自分が風俗を利用する何よりの理由と言っても決して過言ではないんです。それだけに、風俗を楽しむ時にはマゾ。これが自分の中では不文律になっていると言っても決して過言ではないですし、マゾを相手にして外れたことはないんじゃないかなって思いますけどね。

ある意味番狂わせですよ

いつも利用する風俗嬢がいるんです。彼女は在籍している風俗店でも高い人気を集めている事からも分かるように、男のツボを突くのが上手なので彼女を指名しておけばまず間違いないだろうって思っているんですよね。でも、人気のおかげでなかなか指名出来ないというジレンマもあるんです。こればかりは仕方ない問題なんですけど、本当に風俗を楽しみたい時にはどうしてもネックというか、仕方ないので他の風俗嬢を指名するケースもあるんですよ。前回もそうでした。抜きたい気持ちがかなり高まっていたんですけど、結局彼女は指名出来なかったので、他の子にしたんですけど、その子もかなり良かったんです。Uちゃんというお店では中堅とのことですが、いつも指名している彼女しか見ていなかったので、彼女の存在そのものが全然視界に入っていなかったんです。でも彼女もまた、それなりに実力のある女の子だったんですよね。だからなんで今まで彼女の存在に気付かなかったのかなって。