無意識に風俗に辿り着いた

ズバり、風俗です

生きる目的、それは風俗です。それ以外にないというか、自分は趣味らしい趣味もないですし、何か楽しいことがある訳でもありません。仕事が生きがいって訳でもないですし、何もかも惰性というか自分から積極的に楽しんでいる訳じゃないんです。生きるための選択肢というか(笑)でも風俗だけは違うんですよ。風俗だけは自分の意志で楽しみたいって気持ちを持っているんですよ。だからこそ、風俗だけは辞められないなって思うし、風俗のことを考えているのは楽しいんですよ。次は何にしようかなとか、じゃあどんなジャンルを楽しもうかなとか。それらをあれこれ考えるのが自分には堪らなく楽しいんです。特に、他に何かしらの楽しさがある訳じゃないのもあって、より熱中しているというのもあるかもしれませんね。とにかく自分でもいろいろと楽しみたい気持ちがあるのは風俗だけなので、風俗が生きがいだという自分の言葉も分かっていただけるんじゃないかなって。

なぜかって、楽だからです

風俗の料金。これは高いか安いかは判断が分かれるかもしれませんが、自分は基本的にはクレジットカードで支払うようにしているんですよね。クレジットカードを風俗で使うのは危険なんじゃないかっていう声もあるんですけど、少なくとも自分は風俗でクレジットカードを使うようになってから数年以上経過していますけど、今まで一度とてトラブルに巻き込まれたことはないですね。むしろそれなりのポイント還元になるので、かなりお得に使えていますね。クレジットカードを使うのを嫌がるお店もありますけど、使える以上はお店の都合をそこまで考える必要もないんじゃないかなって思いますし、それにクレジットカードを使えると、財布にお金が入っていな時でも楽しめるのが嬉しいんですよね。以前は風俗にって思ったら、まずは財布の中を確認するのが定番でしたけど、今ではそういったこともなくなってきていて、自分の好きな時に楽しめるようになったんですよね。