無意識に風俗に辿り着いた

思ったのは、集中力ですね

どれだけ楽しい時間になるのかは決して風俗嬢だけにかかっている訳じゃないと思うんです。むしろ自分達というか、男だってある程度は関係しているんじゃないですかね。それは前回の風俗の時、ふと感じたんです。自分の集中力がずっと続いていたのもあって、かなり楽しかったんです。でも、こう言ったら申し訳ないんですけど女の子に関してはそこまで好みって訳ではなかったんですよね(笑)何となく消去法で選んだ風俗嬢だったんです。でも、物凄く楽しかったんです。彼女以上にハイレベルな風俗嬢なんてこれまでにもたくさんいましたけど、でも、そんなハイレベルな風俗嬢と楽しむよりも楽しかったんですよ。だから思ったんです。女の子の存在も大切だけど、それ以上に自分自身がどういった気持ちで女の子と向き合っているのかって部分もかなり大切なものなんじゃないかなって。その事実に気付かされたので、これから風俗では相手に集中して楽しみたいなって思います。

サービス業だからこその姿勢ですね

風俗もサービス業なのは一々強調するようなことではないと思いますけど、それを分かっている風俗嬢との時間は何よりも楽しいものになりますよね。この前がそうだったんですよ。Eちゃんは割と明るい雰囲気ですね。ちょっと猫目というか、気の強そうな顔立ちではあったものの、実際にはマイペースでおっとりしている可愛い子でした。そんな彼女が自分のために至れり尽くせり。それってやっぱり風俗がサービス業であることをしっかりと認識しているからこそなんじゃないかなって思いますよね。お客だからって偉そうにするつもりは全然ないですけど、お客なのに必死になって頑張って、でも風俗嬢は何もしない…って展開は自分でもあまり好きではないんですよね。せっかくならしっかりと奉仕してもらいたいって思うんですけど、彼女はその点の意識がしっかりしていたのもあって、自分も納得して楽しむことが出来たんじゃないかなって思っていますし、今思い出しても最高だなって。